医療に関する仕事と難易度に関して

医師や看護師を目指す上で大切なことは、一にも二にも勉強だと言われています。
国家試験を突破した後も勉強が必要になりますし、進化を続ける医療に対応する力が求められています。
かつては不治の病と言われていたがんも、現在では治る可能性が見えています。
医師や看護師は根幹を担う素晴らしい仕事ですし、将来の安定感も抜群と言えるのではないでしょうか。
全国的に看護学部が増えていますし、男性の割合も増えているようです。
看護の仕事は力仕事ですし、男性のパワーが役に立つことがあるはずです。
退職をした後も再雇用の可能性がありますし、結婚や出産がマイナスになることはありません。
海外にボランティアに出向く方も多いようですし、社会に貢献出来る仕事と言えるのではないでしょうか。
医療の発展は目覚ましいですが、やはり根幹は人材です。
良い人材が育つ土壌があれば、ますます医療は進化を遂げるのではないでしょうか。
諦めるとそこで試合終了です。