未だに治せない体の傷を完治できる医療技術の未来の話

針を縫うほどの体の傷というのは、一生体に傷跡として残る可能性が高いです。
これは医療技術がいくら上がっても変わらない事実で、体から消えない傷跡として一生目に触れるでしょう。
肌に傷跡として残るほどの怪我というのは、かなり強く皮膚を損傷したり、切ったりしないとなかなか出来ない傷でもあります。
しかし、長い人生生きていてそんな怪我を負うことは、一度や二度誰しもが経験する可能性のほうが高いでしょう。
医療技術が発達しても治らない怪我や病気というのはまだまだありますが、特に今はガンの完治について望んでいる方が多く存在します。
ガンを完治させることというのは難しいですし、これからもガンで苦しむ方というのはなかなかゼロにはならないでしょう。
しかし、未来の医療技術の発展や唐突に新技術が出てくる可能性は、シンギュラリティなどAIの進化も含め注目されていますし、現実問題として業界全体が発展していく可能性は高いといえるでしょう。